藤 直晴

藤 直晴   Tou Naoharu

夢と安らぎを描く 藤 直晴の吉祥絵画 祈りと感謝を制作活動のテーマに

祈りと感謝をメインテーマに、私の素直な想いを絵と言葉にした作品です。私の絵が生活を彩り、皆様にほのぼのとした心地よさをもたらし、さらに親しみを感じて受け止めて頂ければ大変嬉しく想います。

藤 直晴


仕様説明

  • 和紙に基本の絵柄をデジタルプリントした上に顔料や色鉛筆、金泥等で手彩色してその上からさらに金、銀箔を散らしてあります。文字はすべて手書きで一文字一文字心を込めて書いております。額は天然木、ガラス、マットは2ミリ厚の紙マットです。

ご紹介する作品について
ご紹介する作品は、一品ものが多く、先にご注文を戴いた方を「優先」させていただいております。ご容赦くださいませ。

藤 直晴プロフィール

  • 藤 直晴  Tou Naoharu  (無所属)
  • 染色アーティスト
  • 第一三回 日仏現代美術展(フランス/グランパレ美術館)入選
  • 京都伝統産業会館・京都府文化芸術会館にてグループ展
  • 現在、専門学校非常勤講師
1950年 福岡市生まれ
1973年 九州産業大学芸術学部デザイン学科ヴィジュアルデザイン専攻卒業。
1974年 川勝染色研究所、中村友禅工房に学ぶ。
1979年 オリジナル・テキスタイルアート「工房とう」を設立、染色アート(染色絵画)および”和装きもの”の友禅染めを職業にする。
1988年 京都ブライトンホテルの染色絵画制作。
大丸百貨店大阪梅田店にて、初作品展。
1991年 大丸百貨店大阪梅田店にて、第2回作品展。
1993年 大丸百貨店大阪梅田店にて、第2回作品展。
seiko graphicaにて、版画(シルクスクリーン)制作を開始。
1994年 東京都港区御成門小学校のエントランスホールの壁画デザイン制作。
1995年 全国育樹祭(滋賀県)にて皇太子殿下夫妻、御宿泊室の絵画七作品制作。
1996年 レスパール藤ケ鳴(岡山県)・ホテルメトロポリタン長野の染色絵画制作。
1997年 織絵GALLERY(東京・青山)にて個展。
2000年 レジオン帝塚山マンションの染色絵画制作。
2001年 国立病院長崎医療センター・昭和大学横浜市北部病院・ホテル近鉄ユニバーサルシティーの染色絵画制作
2003年 墨彩絵画、祇園クラフトセンター常設。朝日新聞掲載
警察トップクラスの富山県鑑識課の画像処理担当者への色彩指導・画像処理指導を始める。
2004年 今津サンブリッジホテルにて個展
2005年 京阪百貨店くずはモール店にて個展
今津サンブリッジホテルにて個展
2006年 家庭画報1月号掲載
東海大学医学部付属病院  ホテルオークラ(東京)
2007年 家庭画報1月号掲載
今津サンブリッジホテルにて個展
2009年 大丸百貨店・家庭画報冬号にてカタログ掲載
2010年 豪華客船 日本丸、飛鳥の寝室、リビング等の染色アート制作
< アートワーク >
今津サンブリッジホテル サンガーデンホテル日立 三鷹市地方銀行研修所
浦安ブライトンホテル 三井ガーデンホテル蒲田 ホテルメトロポリタン長野
千葉パシフィックホテル プレザントイン白河 沼津東急ホテル
ホテルメッツ武蔵境 リーガロイヤルホテル堺 東京都港区御成門小学校
ホテルメッツ久米川 京都ブライトンホテル レスパール藤ケ鳴
三菱商事研究所 JR東日本研修センター メルディアンパシフィック東京
白石市文化体育活動センター 公立学校共済組合鹿児島宿泊ホテルかもがわ
ヴィンテージヴィラ横須賀 レジオン帝塚山マンション 東京丸の内ホテル
ホテル近鉄ユニバーサルシティー 国立病院長崎医療センター 昭和大学横浜市北部病院
他多数